あなたの VPS に IPv6 を構成する方法

これらすべてと仮定 2001:DB8:1000 IPv6 サブネット::/64 です。割り当てられているサブネットそれら更新する必要あります

 

我々 は、割り当てるメイン IP アドレスとして 2001:DB8:1000::100使用しますまた使用する 2001:19f0:4009:2001::1234構成してセカンダリ IP アドレスとしてセカンダリ IP追加する必要ありませんが、複数IPv6 アドレス場合使用するプロセス示しています

 

重要な注意: 既存マシン IPv6 サブネット追加する場合は、コントロール パネル経由でサーバー再起動 IPv6動作する前に再起動または類似SSH 経由で十分ありませんサーバー再起動されるまでIPv6まったく動作しないと思いますサーバー初期展開時に IPv6選択した場合これ適用されません

 

Windows の場合:

 

netsh インターフェイス ipv6 設定グローバル randomizeidentifiers = 無効
netsh インターフェイス ipv6 アドレス インターフェイス追加「ローカル エリア接続アドレス= =”2001:DB8:1000::100/64″
netsh インターフェイス ipv6 アドレス インターフェイス追加「ローカル エリア接続アドレス= =”2001:19f0:4009:2001::1234/64″
CentOS:
/Etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 追加します

 

IPV6INIT =”yes”
IPV6ADDR =”2001:DB8:1000::100/64″
IPV6_AUTOCONF =”yes”
IPV6ADDR_SECONDARIES =”2001:19f0:4009:2001::1234/64″
IP 転送有効 (存在する場合は、サーバー使用してVPNまたは似ている)ある場合よう追加する必要あります

 

既定設定 (1ある)、ことここで IP 転送有効にする正常動作してから IPv6防ぐことができます“Sysctl net.ipv4.ip_forward”実行してIP 転送有効にするかどうか確認できます

 

Debian/Ubuntu:
/Etc/network/interfaces 追加します

 

iface eth0 inet6 静的
アドレス 2001:DB8:1000::100
ネットマスク 64
/sbin/ip-6 addr 追加開発 eth0 2001:19f0:4009:2001::1234
IP 転送有効 (存在する場合は、サーバー使用してVPNまたは似ている)ある場合よう追加する必要あります

 

既定設定 (1ある)、ことここで IP 転送有効にする正常動作してから IPv6防ぐことができます“Sysctl net.ipv4.ip_forward”実行してIP 転送有効にするかどうか確認できます

 

FreeBSD:
/Etc/rc.conf 以下追加します

 

rtsold_enable =”YES”
ipv6_activate_all_interfaces =”YES”
rtsold_flags =”-aF」
ifconfig_vtnet0_ipv6 =”inet6 2001:DB8:1000::100 prefixlen 64 accept_rtadv”
ifconfig_vtnet0_alias0 =「inet6 2001:19f0:4009:2001::1234 prefixlen 64